50代主婦が語る仲村トオルさんの魅力

普段家族とテレビを見たりしていて、気づかれているのかなと気になるのですが、私の好きな芸能人は俳優の仲村トオルさんです。
俳優というお仕事をされていますが、俳優だからというよりも、一社会人、家庭人として尊敬すらしているのです。

仲村トオルさんと言えば、誰もが知っている俳優さんで、若いころの格好いいイメージそのままに活躍されていると思います。
実ははぼ同年代である私は、トオルさんが若いころにキャーキャー言っていたくちではありません。
ドラマや映画もそこまで興味がありませんでした。

それが、男性の俳優さんはたいていそうだと思いますが、30歳近くになってくると実力や経験の積み重ねによって魅力が増していくように感じます。
また、最近はドラマや映画の番宣でバラエティーなどに出演する俳優さんも増えました。

私がトオルさんの魅力を感じるのは実はこのような時です。
いろんな受け答えやタイミングの良いジョークなどに、知識や常識、ユーモアなどを感じるとともに、家族や周囲に対する誠実さも感じるのです。
また、クイズやゲームで見せる負けず嫌いな面は若さを感じさせるものでもあります。

このように、バラエティー番組でその魅力を感じているトオルさんですが、やはり演技においてもその人の本質は垣間見えてくるものだと思うので、どんな役を演じていても受け入れてみることが出来るのです。
若いころは見かけの格好良さで人気でしたが、年齢を重ねてまさに人間力でその存在感を保ち続けているのではないかと思います。

「表面だけの美しさ」だけが真の美しさではない!

女性にとって美は永遠のテーマですよね。
若い頃はエネルギーと成長期特有のフェロモンが発散されてそれだけで輝いているものです。そんな時代の最中には中々その価値に気付かないのです。歳を重ねるごとに深く感じます。

私は世間で言う熟女です。日々美の衰えと戦っています。若い頃は何もしなくても綺麗だった肌はくすみ、身体もたるみ気味です。でもこれは加齢と共に現れる自然現象なのだから仕方がありません。見た目の評価より健康から滲み出てくるイキイキとした美しさに目覚めました。

生き方に「芯」を持つ

生活の中で朝の目覚めから就寝までどれだけ充実した1日を過ごせるか、これが私の美のこだわりです。食事は難しく栄養やカロリーを気にし過ぎず食べたい物を食べたい人と楽しく食べる。運動は無理にノルマを設定せずに面倒くさがらない、例えば小さな用事でもフットワークを軽くしてよくマメに動く事が大事です。

美は1日にして成らずです。内面から出る明るいオーラが人を美しくするのだと思っています。心身ともに健康である事が1番大事なのではないかと思います。
かと言って化粧しないのでは無く身だしなみの事を思えば自ずとする事です。
人から高く評価されている時って意外と内面が充実している時なんです。明るく楽しく健康でいる事をこれからも続けていきます。

『品のある女性』とは

私、小学校の頃にずっと憧れていた先生がいました。
いつもニコニコしていて、物腰も柔らかくて、どんな人にも丁寧に受け答えをする。
しかも頭の回転が速くて…
たぶん60歳手前くらいだったと思うんですけど
「あんな女性」になりたいとずっと思っていました。

女優でいったら紺野美沙子さんみたいな感じ。

時は流れて、私も50代になりました。

20代~30代の頃は派手な服装や髪を染めたりしていましたが、50代にさしかかろうという年齢になってふと、小学校の頃の感覚を思い出したんですね。
「上品な女性になりたい」

それからは落ち着いた雰囲気の服装やナチュラルメイクを好んでするようになりました。

美容雑誌で言ったらPreciousとか好きですね!